Home > スポンサー広告 > 細雪舞う日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

H.H@温根湯温泉 URL 2014-01-19 Sun 19:45:37

こんばんは!
 1本になってしまってから2回目の冬の石北に来ています、昨日は金華で最低気温-26℃で山に上るのを断念しました。
 息をするのが苦しいぐらいでした、一人なので遭難したら困るので自重しました。(笑
 今日はー17℃で暖かくて遠軽での白煙は見られませんでした(汗
 初めてのビデオとの両刀使いが慣れず中途半端に終わりそうです、また修行を積みます(笑
 石北は1本体制で暇なので温根湯温泉に3泊して「つるつる温泉」に行って雪山を見ながらの露天風呂良かったです、また山の水族館に行ったり雪山を撮ったり後は連泊の強みで温泉に入ったり部屋で過ごしたりしています。

 最近は何処に行っても美味しいものを食べ温泉に入る贅沢な旅をしています。
  DDが運用離脱になり風景中心となりつつありますので、のんびり旅を楽しもうと思っていますので風来坊さんの思いに同調してしまいました。
 3月にもう一度DD最後の石北に来る予定です。

ふうらいぼ@管理人 URL 2014-01-19 Sun 23:18:15

>H.Hさん コメントどうもです♪

 温根湯温泉ですか!
 つるつるでヌルヌルですよね、あそこは(笑)
 
 石北3本体制だった頃に午後の撮影全部ほっぽり投げて、ひたすら温泉浸かってた事もありました。
 自分的には実に有意義な渡道だった様に思うんですがねぇ(笑)
 
 しかし、氷点下25度を下回ると、下手に呼吸するだけで気管支氷りますね。
 状況に応じて臨機応変に撮影しないと危ないですよ。
 特に一人で撮影する時は臆病な位でちょうど良い筈です。
 勇気ある撤退で山の水族館とか良いじゃ無いですか!(笑)
 
 のんびりまったり北海道を楽しむ。
 そんなツアーこそ最上だよなぁと思います。
 賛同してくれる人が居て、ちょっと嬉しい(^^;

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://tetsudousannka.blog.fc2.com/tb.php/48-394eecfc
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 風来坊の鉄道讃歌

Home > スポンサー広告 > 細雪舞う日

Home > 宗谷本線 > 細雪舞う日

細雪舞う日

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2014-01-18 Sat 21:05:38
  • 宗谷本線

 宗谷本線 北剣淵駅 撮影 2013年2月
 
 この何年か。冬場は最果てのラッセル撮影に当ててしまう事が多い。
 それ自体は全く異論無いのだけど、なんかそれ以外が疎かになってるなぁと感じつつあります。
 先日、他人様のお金で渡道すると言う得がたい経験をした際にですね、つくづくとそう思いまして(汗)
 
 実は、自分の意思とは関係なく、所定の予定に沿って車を走らせる、完全運転手役での渡道だったんです。
 まぁ多少は行った先で、ちょっとだけ趣味の時間と言うのをやったわけですが。
 何年かぶりに足を運んだ函館では、撮影そっちのけで観光なんぞと言うものをやってました。
 久しぶりに楽しい北海道でした(笑)

 と、言うのもじつは(汗)

 早寝早起きで寝ても醒めても撮影しかしない徹底撮影な鉄ツアーって、個人的には本気で大嫌いなんですよ。
 夜明け前に起き出して撮影開始して、コンビニメシとかファーストフードで食事は済まし、夜は早寝してしまう。
 そんな『普段みたいな生活』を、なんで遊びに行ってまでしなきゃアカンのですか?と(笑)
 ですから、自分ひとりで行く時は平気で朝寝坊しますし、撮影『なんか』は午後からやれば良いじゃないかと。
 それよりも、地元では味わえない美味しい北海道を味わおう。綺麗な北海道を見て回ろう。
 おそらく寝ても醒めても撮影にしか興味がない人には、きっと理解されないんでしょうけどね(笑)

 で、今回はそんな自分でも行った事が無い場所をアチコチ巡ったわけです。
 真冬の函館山だとか、或いは駅前の観光商店街だとか。
 もっと言うと、ニッカウィスキーの余市工場に足を運んでみたり。
 更には、エリアで評判になっているレストランで料理に舌鼓を打ったり。
 そんな実に楽しい北海道を味わってきました。

 きっと納得行かない人は多数だろうなぁと思うわけですが(笑)

 そんな自分的に好きな一枚。
 列車の映っていない乗降場な北剣淵。
 これが鉄道写真? 鉄道車両写ってないじゃん!
 そんなツッコミする人とは興味のベクトルが全然違う一枚(笑)
 
 目的の列車以外にも、アレコレ目を向けよう。
 そんな感じで戒めをこめて一枚。
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 2

H.H@温根湯温泉 URL 2014-01-19 Sun 19:45:37

こんばんは!
 1本になってしまってから2回目の冬の石北に来ています、昨日は金華で最低気温-26℃で山に上るのを断念しました。
 息をするのが苦しいぐらいでした、一人なので遭難したら困るので自重しました。(笑
 今日はー17℃で暖かくて遠軽での白煙は見られませんでした(汗
 初めてのビデオとの両刀使いが慣れず中途半端に終わりそうです、また修行を積みます(笑
 石北は1本体制で暇なので温根湯温泉に3泊して「つるつる温泉」に行って雪山を見ながらの露天風呂良かったです、また山の水族館に行ったり雪山を撮ったり後は連泊の強みで温泉に入ったり部屋で過ごしたりしています。

 最近は何処に行っても美味しいものを食べ温泉に入る贅沢な旅をしています。
  DDが運用離脱になり風景中心となりつつありますので、のんびり旅を楽しもうと思っていますので風来坊さんの思いに同調してしまいました。
 3月にもう一度DD最後の石北に来る予定です。

ふうらいぼ@管理人 URL 2014-01-19 Sun 23:18:15

>H.Hさん コメントどうもです♪

 温根湯温泉ですか!
 つるつるでヌルヌルですよね、あそこは(笑)
 
 石北3本体制だった頃に午後の撮影全部ほっぽり投げて、ひたすら温泉浸かってた事もありました。
 自分的には実に有意義な渡道だった様に思うんですがねぇ(笑)
 
 しかし、氷点下25度を下回ると、下手に呼吸するだけで気管支氷りますね。
 状況に応じて臨機応変に撮影しないと危ないですよ。
 特に一人で撮影する時は臆病な位でちょうど良い筈です。
 勇気ある撤退で山の水族館とか良いじゃ無いですか!(笑)
 
 のんびりまったり北海道を楽しむ。
 そんなツアーこそ最上だよなぁと思います。
 賛同してくれる人が居て、ちょっと嬉しい(^^;

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://tetsudousannka.blog.fc2.com/tb.php/48-394eecfc
Listed below are links to weblogs that reference
細雪舞う日 from 風来坊の鉄道讃歌

Home > 宗谷本線 > 細雪舞う日

カウンター
タグクラウド
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。