Home > スポンサー広告 > 夜行列車 022

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://tetsudousannka.blog.fc2.com/tb.php/358-d012e936
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 風来坊の鉄道讃歌

Home > スポンサー広告 > 夜行列車 022

Home > 夜行列車 > 夜行列車 022

夜行列車 022

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-04-11 Mon 12:00:00
  • 夜行列車
H26__1012.jpg

 突然ですが、未公開だった北斗星の在庫一掃を進めましょうか(笑)
 既に解体場へと運ばれたらしいED79-7号機。
 撮影したのは昨年夏です。
 
 立ち位置が大混雑で難しいポジションでのスタンバイになったのですが(汗)
 まぁ、理想的なライトが入ってくれて良い感じでした。
 構えた時点ではこのアングルを考えたんですけどね。
 もうちょっと引いた方が良いかとズームで広角側へ連写。

 なにやらカシオペアの復活運行が発表されたそうですが、今回はマルス収容なしだそうです。
 末期の頃なら物凄い勢いで転売狙いが押しかけていたらしいですけどねぇ
 まぁ、仕方が無いと言うところでしょうか(笑)
 
 海峡線内はEH800で。北海道内ではDF200の登板が囁かれています。
 ちょっと見ておきたいなぁと、いまからワクワクしているのですが(笑)
 
H26__1013.jpg

H26__1014.jpg

 道内でこの青いドレスのDD51を撮る事は叶わないかも知れない。
 なんとなくそれが引っかかっています。
 
 DFが嫌いなのではなく、DD51を見たいだけ。
 
 あの連続高速走行するDD51の咆哮をもう一度聞きたい。
 三味線ひいて走るシーンではなく、何かにせきたてられるようにエンジンを唸らせて走るシーンだ。
 
 四基のエンジンが猛然と吼え猛り、風を機って走ってくる姿。
 そのシーンに何度胸を熱くしただろう。

 もう限界なんだと頭では分かっているつもりですがね。
 あと1年なんだから、頑張れないものかなぁと、変な期待をしてしまうのですが(汗)
 
 ただ、冷静に考えると、撮影チャンスは極僅かです。
 週末に掛けて走るシーンでも、下り上りでおそらくワンショットずつ。

 北海道へ飛ぶのだって安くはありません。
 それだけのお金を使って行って撮るのはなぁ・・・・

 生きてるうちだよ?

 そんな言葉を掛けられているのですがね。
 まぁ、懊悩は続くのでしょうけど(汗)

H26__1015.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://tetsudousannka.blog.fc2.com/tb.php/358-d012e936
Listed below are links to weblogs that reference
夜行列車 022 from 風来坊の鉄道讃歌

Home > 夜行列車 > 夜行列車 022

カウンター
タグクラウド
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。