Home > スポンサー広告 > 鉄路点描 048

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://tetsudousannka.blog.fc2.com/tb.php/355-e0fc463d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 風来坊の鉄道讃歌

Home > スポンサー広告 > 鉄路点描 048

Home > 鉄路点描 > 鉄路点描 048

鉄路点描 048

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-04-05 Tue 23:24:38
  • 鉄路点描


 ちょっと身体がヤバイ事に成りまして、事前に仕込んでおいたネタが切れてしまいました(汗)
 そんな訳で、今日のエントリはこんな時間に・・・・
 
 光と影と戯れる。
 写真とは光画である。

 誰の言葉だっけなぁと一生懸命に思い出してるんですがねぇ
 全然出てきません(笑)
 
 ただ、どこかで誰かにそれを言われて、強烈に印象ににこっている訳です。
 ですから。
 
 まぁ、最近よく聞く話しで、鉄道が好きだから写真を撮る人はシチサンにこだわるんだそうですよ。
 そうじゃなくて、写真が好きで被写体として鉄道を選んだ人は、シチサン系に興味を示さないんだとか。
 ギラリシーンとかシルエットとか、写真として美しい一枚を撮りたくなるんだそうです。
 
 あぁ、分かるなあ、その気持ち。
 
 上の一枚は青森近くで朝日を浴びてギラギラに輝くシーン。
 下の一枚は桑名近くで夕日を浴びてギラギラに輝くシーン。
 
 やはり写真は光と影だ。
 その美しさは格別だ。
 最近のステンレス車輌はより綺麗に輝く。
 
 天気が良い日の朝夕は、本当に魔法のような時間だ。
 油断する事無く、抜かりなく、しっかり狙いたい所ですな。
 
 これもまた鉄路の姿・・・・と。
 
H26__989.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://tetsudousannka.blog.fc2.com/tb.php/355-e0fc463d
Listed below are links to weblogs that reference
鉄路点描 048 from 風来坊の鉄道讃歌

Home > 鉄路点描 > 鉄路点描 048

カウンター
タグクラウド
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。