Home > スポンサー広告 > 夜行列車 018

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://tetsudousannka.blog.fc2.com/tb.php/334-63ac0a87
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 風来坊の鉄道讃歌

Home > スポンサー広告 > 夜行列車 018

Home > 夜行列車 > 夜行列車 018

夜行列車 018

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-02-15 Mon 12:00:00
  • 夜行列車


 例によってマイル消化で出掛けた北海道ですが、今回はある意味で一番撮りたかったシーンをゲット出来ました。
 猛吹雪の中、突進してくるDD51を撮りたい。そんな願望をずっと持っていたんです。
 
 もうとにかく酷い吹雪でした。本気で焦るくらい(笑)
 物好きだよなぁとは思うのですが、撮りたいんだから仕方が無い。
 まぁ、おかげで身体はボロボロになりましたが・・・・・(汗)

H26__903.jpg

 厳冬期の北海道らしい画を一枚。
 そんなイメージです。
 
 雪を蹴って走るシーンは無理でしょうから、雪煙を上げて来るシーンかなぁと思っていたのですがね。
 幸か不幸か、すんごい猛吹雪でした。それこそ、列車来るかな?と不安になるくらい(汗)
 
 ですが・・・・
 
 この最果ての大地を駆けてきたDD51にしてみれば『かるいかるい』と、そんな調子でしょうか。
 ほぼ定刻でやって来たカシオペアは、猛烈な国鉄サウンドを残して駆け抜けていきました。
 ほれぼれしますよね。

 ちょっとだけ『ジーン』っとしました(汗)

H26__904.jpg

 で、実は続きがあります(笑)

 もう帰るだけという段になったので、野次馬根性で追っかけしてみたら案外上手くいったのでムフフです(笑)

H26__905.jpg

 追いついたのは、空港にほど近いここ。
 強烈な風で積もった雪が舞い上がり、白いヴェール状態でした。
 
 遙か彼方のヘッドライトが見えますが、コレこそ北海道らしいなぁと(笑)
 内地から来た人間なら、これでムフフですよね。

H26__906.jpg

 爆音残し駆け抜けるDD重連。
 巻き上げる白い粉雪は、真冬日の続く北海道の証。
 
 内地ではなかなか見られないシーンですし、DD51がこうやって走るのはここが最後です。
 残り1ヶ月少々となりましたが、最後まで無事故で行って欲しい。
 もちろん、騒ぎを起こす様なアホも出ないで欲しい。
 
 特急客として走るDD51の、その有終の美を台無しにしないで欲しい。
 
 ふと、そんな事を思いました。
 やっぱりDD51は美しいなぁ・・・・

H26__907.jpg

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://tetsudousannka.blog.fc2.com/tb.php/334-63ac0a87
Listed below are links to weblogs that reference
夜行列車 018 from 風来坊の鉄道讃歌

Home > 夜行列車 > 夜行列車 018

カウンター
タグクラウド
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。