Home > スポンサー広告 > 鉄路点描 043

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://tetsudousannka.blog.fc2.com/tb.php/326-05560fa6
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 風来坊の鉄道讃歌

Home > スポンサー広告 > 鉄路点描 043

Home > 鉄路点描 > 鉄路点描 043

鉄路点描 043

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-01-26 Tue 12:00:00
  • 鉄路点描


 ※※※ 後ろ姿の撮影。および、掲載に関する承諾済み ※※※

 その坊やは、大事そうにデジカメ付きのオモチャを持っていた。
 秋田新幹線のデザインをしたものだ。
 いい年して電車のケツばかり追いかけている駄目な大人と同じように・・・・
 誇らしげに『カメラ』を持っていた。

 純粋な眼差しだった。
 走りゆくソニックを撮り、普通電車を撮り。
 そして振り返って楽しそうに笑っていた。

 寒々しい空の下だったが、坊やは心底楽しそうにしていた。

 遠い日の自分がそこにいたと思った。
 売れ残りの独身中年一直線な自分ですから(汗)
 きっと息子の手を引いて、こんな遊びをすることはかなうまい。
 
 何かのCMで見ましたが・・・・
 ビートルズのジョンレノンは、父親である事を何よりの誇りにしていたんだとか。
 つまり、どれほど社会的名声や肩書きや評価があろうとも、子孫を残せない時点でダメなんだ。

 ふと、そんな事を思って酷く落ち込んだんですが・・・・(笑)

 『ほら!』

 撮れたよ!と楽しそうに画像を見せてくれた坊やは太陽のような笑顔だった。
 そんな坊やに、駄目な大人のカメラを見せる。背面の大型液晶だ。

 『すごーい!』

 ばぁばと一緒にやって来た坊やの、その純粋に歓ぶその姿にちょっと癒やされた。
 寒いひとときでしたが、少しだけ救われた気がしました。
 
H26__865.jpg

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://tetsudousannka.blog.fc2.com/tb.php/326-05560fa6
Listed below are links to weblogs that reference
鉄路点描 043 from 風来坊の鉄道讃歌

Home > 鉄路点描 > 鉄路点描 043

カウンター
タグクラウド
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。