Home > スポンサー広告 > 宗谷常排 004

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

白フィット使い URL 2016-01-31 Sun 22:35:38

雄信内ラージヒルポイントで息があがってしまう自分には、とても無理なポイントのようです。道を間違えると、沢に体がはまるという話も聞きました。

まあ、自己責任という言葉の意味が分からん人は、立ち寄り不可ということで、お願いしたいものです。

ふうらいぼ@管理人 URL 2016-02-01 Mon 22:44:44

>白フィット使いさん コメントどうもです♪

 宗谷常排の俯瞰ポイントは数あれど、到達難易度で言うなら、ここと天塩川俯瞰は双璧と言う所でしょうか(笑)
 同じ雪と行っても信州や東北とは次元の違う本物のパウダースノーですからね。
 沢にはまるとかなら、まだ可愛い方だと思います(汗)
 
 地図見て『行けんべ!』とか軽はずみな突入する人は居ないと思いますが・・・・
 事故だけは絶対やって欲しくないですね。
 そんな感じです

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://tetsudousannka.blog.fc2.com/tb.php/325-7d661482
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 風来坊の鉄道讃歌

Home > スポンサー広告 > 宗谷常排 004

Home > 雪と戦う機関車たち > 宗谷常排 004

宗谷常排 004



 宗谷線ラッセルを撮影する上で、恐らく撮影難易度トップ3の一つがここでしょうか。
 通称、筬島俯瞰と呼ばれるここは、なまなかな覚悟ではたどり着けませんでした(汗)
 
 ただ、かれこれ1時間半の格闘で何とかたどり着き、雪舞う条件とは言えレンズを向けられた事は幸いでした。
 もっとクリアな条件で撮り直したい気もしますが、ここへ再挑戦は心の準備が必要ですねぇ・・・・
 
 本当はもっと遠くのアングルもあったのですが、雪のヴェール越しとあって透明度が低く公開には適しません。
 もったいないからお蔵入りと言う事では無く、見られる様なレベルじゃ無いからお蔵入りです。
 
 『どっかで見たぞ!』

 ……とか言わない様に、ご協力をお願いいたします(笑)
 


H26__862.jpg

 恐らくここが筬島俯瞰のメインステージ。
 もっと雪が有ったら、綺麗にドバドバと雪を蹴った筈なんですが(笑)
 
 ギリギリフランジャに掛かる程度ですから、まぁ、然もありなんという感じですが(汗)
 本気で雪をドバドバと蹴る状態ですと、ここへ到達するのは無理かもしれません。
 難しいですね(汗)

 最後に、筬島ステージの全景です。
 俯瞰好きならこの一枚で胸ときめく事でしょう(笑)
 
 ここの行き方は色々あるのですが・・・・
 よく言われる砂防ダムコースは、普通の体力の人では無理です。
 自衛隊級。それもレンジャー資格持ちとか空挺の資格持ちとか、その次元です。

 お勧めは地図を見ると分かるのですが、天塩川に注ぐ支流沿いの林道コースです。
 この支流に沿って少し山に入ると、左折して山に入っていく道があります。
 北電の人がスノーモービルで点検に行く道です。
 
 その林道をえっちらほっちら登っていって、頂上付近の平らな所に出たら鉄塔を目指しましょう。
 恐らく2時間頑張ればたどり着けます。ただ、かんじきは全く歯が立たないので、最低でもスノーシューですが。
 さらに言うと、鉄塔ならともかく、林道付近は携帯の3キャリア全てで電波が入りません。
 ダメなら救援を要請しようとか考えても、携帯が入らず不可能です。
 また、スノーモービルの巡回は2週間か3週間に1回らしいです。
 つまり、一人で山に入ったなら、身動き取れなくなっても、誰も助けに来てくれません。
 八甲田死の行軍の後藤房之助伍長よろしく立ったまま仮死状態となり、やがて凍死して遺体を収容される事でしょう。
 翌日のメディアには『無謀な撮り鉄雪の山中で凍死!』となる事請け合いです(笑)

 ですから、ここは先達が絶対必要です。
 ついでに言うと、私がお願いした先達も、途中でハンガーノックに陥り動けなくなったと証言しています。
 朝飯をシッカリ食べ、血糖値をしっかり上げて、そして、雪山ですから、カロリーのある甘いものをしっかり持って。

 風を遮るものは一切ありません。
 遠慮無く氷点下二桁の乾いた風が襲ってきます。
 
 着替えのTシャツと手ぬぐいを持って行かないと、服を着たまま下着が凍るって心霊現象を体験出来ます(笑)
 背中のシャツが凍って凍傷一歩前になると本気で辛いらしいですね(汗)
 
 ただ、ここへたどり着けさえすれば、素晴らしい眺望が待っています。
 命懸けでやるほどでは無いと思いますが、見ておいて損は無い絶景。
 私も次は、もっと良い条件の時に行きたいです(笑)

 まぁ、いずれにせよ、自己責任で行ってください。
 大人なら自己責任の意味をしっかり分かるでしょうからね。

H26__863.jpg

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 2

白フィット使い URL 2016-01-31 Sun 22:35:38

雄信内ラージヒルポイントで息があがってしまう自分には、とても無理なポイントのようです。道を間違えると、沢に体がはまるという話も聞きました。

まあ、自己責任という言葉の意味が分からん人は、立ち寄り不可ということで、お願いしたいものです。

ふうらいぼ@管理人 URL 2016-02-01 Mon 22:44:44

>白フィット使いさん コメントどうもです♪

 宗谷常排の俯瞰ポイントは数あれど、到達難易度で言うなら、ここと天塩川俯瞰は双璧と言う所でしょうか(笑)
 同じ雪と行っても信州や東北とは次元の違う本物のパウダースノーですからね。
 沢にはまるとかなら、まだ可愛い方だと思います(汗)
 
 地図見て『行けんべ!』とか軽はずみな突入する人は居ないと思いますが・・・・
 事故だけは絶対やって欲しくないですね。
 そんな感じです

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://tetsudousannka.blog.fc2.com/tb.php/325-7d661482
Listed below are links to weblogs that reference
宗谷常排 004 from 風来坊の鉄道讃歌

Home > 雪と戦う機関車たち > 宗谷常排 004

カウンター
タグクラウド
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。