Home > スポンサー広告 > 貨物列車 009

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://tetsudousannka.blog.fc2.com/tb.php/299-8795a097
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 風来坊の鉄道讃歌

Home > スポンサー広告 > 貨物列車 009

Home > 貨物列車 > 貨物列車 009

貨物列車 009

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2015-11-25 Wed 12:00:00
  • 貨物列車
H26__768.jpg

 ナナロク撮りたい

 そんなリクエストだったのですが、案内していただいた立ち居地は西小倉に程近い場所でした。
 毒にも薬にもならない立ち居地と言うことでしたが、中々どうして良いじゃ無いかと、そんな感じです。
 
 ED76を撮影したのはいつ以来だろうと冷静に振り返ったのですが、どう思案しても軽く20年前と言う結論です。 
 それこそ、JR九州のナナロクがブルトレを牽いていた頃です。
 その頃のネガはもう無いのですが、それこそ眼に焼き付いていますよ(笑)
 
 次は鹿児島で撮りたいなぁ~
 
 ふと、そんな事を思った訳ですが(笑)
 鹿児島は遠いなぁと・・・・・
H26__769.jpg

 ナナロクのバックショットはこのアングルで見る限りナナゴと一緒の面ですよね。
 車体が長いので違和感ありますけど、見る角度によってはED77やED78を思い出します。
 
 思えば交流専用機も少なくなりました。
 あれだけいたED75が風前の灯なんですからね。
 今さら何を況やと言う感じですが(汗)
 まぁ、撮れる機関車を撮っておくのも重要な事じゃないかなぁと(笑)
 
 そんな感じです(笑)
H26__770.jpg

 続いてやってきたのは金太郎。
 東北系統と違い形態的な面白みの無い関門区間ですが、この日はオマケ付でした。
 富山からやって来たパーイチ君もパン上げですが、さて、何処までいくのでしょう?
 
 関門の渡し守は全てキンタに変わったと言う事ですが、思えば津軽海峡もキンタと海底太郎ですしね。
 東西の海峡に陣取る機関車が同じと言うのも、見かたを変えれば国鉄的だなぁと思います(笑)

 裾に帯の無い形態のパーイチもいつまで使われるんだろう?
 
 国鉄の忘れ形見なJR製造の国鉄電機ですけど、末永い活躍を願わずにいられません。
 かつてわが国にも国鉄って機関が有ってね・・・・と、その語り部になるように。

H26__771.jpg

 最後はこの一枚。
 所定ならパーイチ重連らしいですけど、この日は単機でした。

 JR製造のパーイチは形態がバラバラで面白いんですが、コレはナンバーがオフセットされた奴ですね。
 700番代にならなくてよかったと、ホッと胸をなでおろしたりして(笑)

 僅かな時間でしたがものすごく久しぶりに九州島内で撮影しました。
 北海道が一段落したら九州かなぁ~とか思うんですが、どうかなぁ(汗)

 色々と波風の高くなっている最近ですが、どうにもならんのですよねぇ(溜息)

H26__772.jpg


関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://tetsudousannka.blog.fc2.com/tb.php/299-8795a097
Listed below are links to weblogs that reference
貨物列車 009 from 風来坊の鉄道讃歌

Home > 貨物列車 > 貨物列車 009

カウンター
タグクラウド
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。