Home > スポンサー広告 > 鉄路点描 036

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://tetsudousannka.blog.fc2.com/tb.php/288-14e0a565
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 風来坊の鉄道讃歌

Home > スポンサー広告 > 鉄路点描 036

Home > 鉄路点描 > 鉄路点描 036

鉄路点描 036

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2015-11-10 Tue 12:00:00
  • 鉄路点描
H26__726.jpg

 鉄路点描は一枚の写真と共にと言うスタンスでしたが、今日はベタベタ貼ってしまいます。
 五稜郭に入ってくる733系電車甲種回送。これを牽引して来たのは新幹線対応のEH800です。
 つくづくと『新時代だなぁ』と、痛感したわけです(汗)
 



 五稜郭の工場内部には急行色のキハ。
 それとの比較と言うかコントラストと言うか。 

 北海道にも新幹線が乗り入れる。
 
 厳しく美しい大地に着々と新時代が押し寄せて居るんだと、痛感するわけです。
 ピカピカの車体が鈍く輝く様は、もう言葉になりません。

H26__727.jpg


 さて、どこで撮ろうか・・・・
 
 アレコレ考えて最初に選んだのはここでした。
 背景に新幹線の高架が入る場所です。
 
 まるでDF牽引の旅客列車にも見えます。
 残念な事にDFのブルトレは夢と終りましたので、せめてこんな一枚を。
 新幹線開業後のカシオペアがどうなるかは分かりませんが、道内での運行は期待薄でしょうしね。

H26__728.jpg



 ダイヤに比較的余裕があるので、実にマッタリと安全運転で先回り(笑)
 実は道中に2カットほど撮ってますが、そっちはお蔵入りと言う事で。
 定番中の定番ですが、こんな一枚も撮っておきたいなと、そんな感じ。

 驚いた事に、ここで待ち構えていた方が何名かいらっしゃいました。
 皆さん良くキャッチしてるなぁと驚きます。

 おりしも天気下り坂と言う事で波が立ってました。
 ここで快晴を撮りたかったなぁ・・・・

H26__729.jpg



 最後はここでバシッと・・・・ 土砂降りでした(ToT)
 
 それはそうと、ここで構えたら『なんか変だ』と感じたのですが、良く見たらフェンスが延長されてました。
 橋の上で構える人が多い場所ですが、線路上だけでなく、茂みに当る辺りまでガッチリと隔てられてしまっています。
 幸い自分はレンズの細いのを使って撮影したから余り影響が無いのですが、大口径レンズでは難しいでしょうね。

 赤スカートの2号機が登板した甲種回送。
 ここから先は心が折れて追っかけを断念しました。
 聞けば室蘭に近いあたりでは雪模様で露出最悪だったとか。
 
 やはり、涙雨ですかねぇ(汗)

H26__730.jpg

関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://tetsudousannka.blog.fc2.com/tb.php/288-14e0a565
Listed below are links to weblogs that reference
鉄路点描 036 from 風来坊の鉄道讃歌

Home > 鉄路点描 > 鉄路点描 036

カウンター
タグクラウド
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。