Home > スポンサー広告 > 新富士への路 02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://tetsudousannka.blog.fc2.com/tb.php/191-1e997cb7
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 風来坊の鉄道讃歌

Home > スポンサー広告 > 新富士への路 02

Home > 根室本線 > 新富士への路 02

新富士への路 02

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2014-06-24 Tue 22:00:00
  • 根室本線

 根室本線 直別 撮影 2013年10月

 直別まで来たら日が入り始めました。
 朝日を浴びて陰影を濃くするシーンは良いですよね。
 DD51の時代はもっと良かったよなぁとか思ってしまってシンミリ。
 思い出は逃げ込むところじゃない!と自分に一喝です。
 
 実際この辺りですと、撮影するのが音別定番になってしまいます。
 じゃぁどうすんだ?とあれこれ考えて知恵を絞るわけですがね。
 あんまり飛ばすとレーパトの餌食ですし、まぁ、抑えて抑えてジェントルに(笑)
 
H26__370.jpg

 木々の隙間から入り込む光をうまく使って陰影を濃くして。
 やっぱコンテナ列車はこれが美しいなとニンマリ。
 
 道内DD51貨物が事実上全滅したので、道内をぐるぐると回りながらDF200の撮影だよな・・・・
 最近はそんなことばかり思ってるんですが、どうも後ろ向きっぽい気がして嫌です。
 攻めの撮影をしたいんですが、どうしたら良いんでしょうね?(笑)

 やはり、道の駅こいといで豚丼を食べ、釧路で炉辺焼きを楽しみ、地ビールで一杯でしょうか?
 そうなると撮影なんかどうでも良くなるモードな気がするんですが、ダメダメ路線ですなぁ(笑)

 駅を通過して加速体制に入ったDF200の音が素晴らしいだけに・・・・
 しっかり撮っておきたい所です(汗) 

H26__371.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://tetsudousannka.blog.fc2.com/tb.php/191-1e997cb7
Listed below are links to weblogs that reference
新富士への路 02 from 風来坊の鉄道讃歌

Home > 根室本線 > 新富士への路 02

カウンター
タグクラウド
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。