Home > スポンサー広告 > 高いところから

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://tetsudousannka.blog.fc2.com/tb.php/183-c59241df
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 風来坊の鉄道讃歌

Home > スポンサー広告 > 高いところから

Home > 室蘭本線 > 高いところから

高いところから

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2014-06-16 Mon 22:00:00
  • 室蘭本線

 室蘭本線 本輪西付近 撮影 2014年5月

 最後の重連が専用線へと進んでいく。そのシーンを高台から見ていた。
 すぐ下の線路際にはたくさんの人が見えた。ここは、自分だけだった。
 鳥の視点を手に入れたと、そんな事を思った。
 
 何度かここで撮っているのだけど、変な緊張感を持ったのは初めてだった。
 本輪西を見下ろす場所なのだから、最後もここで撮ろうと思ったんですね。
 だけど、ふと冷静に考えて、本当にそれで良いのか?と自問自答したんです。
 
 で、出た結論は『最後まで自分らしく』でした。
 がっぷり右四つの七三を狙うのはどうかと思ったんです。
 それに下のほうにたくさん人がいたので、もう入れないだろうし。
 
 ならば・・・・
 
H26__345.jpg

 ヘッドマークをつけた最後のタンカーがやってきた。
 あれ? 10輌って聞いてたけど、なんか長いぞ?と。
 ヒのフのミのと勘定して行って16輌かとびっくり。
 
 コレならかぶりつきでも絵になるかもな。
 ふとそんな事を思ったんですが、やはり初志貫徹だろう!と三脚をすえる支度をし始めました。
 ですが、この後すぐ友人からメールが入り、DD51のキャブに惜別の札が入っているのを知ったんです。
 
 30秒くらい思案して下山を決断。
 鷲別区のせめてもの心づくし。
 しっかりいただこうじゃないの!
 
 そんなテンションでした。

H26__346.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://tetsudousannka.blog.fc2.com/tb.php/183-c59241df
Listed below are links to weblogs that reference
高いところから from 風来坊の鉄道讃歌

Home > 室蘭本線 > 高いところから

カウンター
タグクラウド
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。