Home > 2016年03月

2016年03月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -
  • web拍手 by FC2

貨物列車 017

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-03-30 Wed 12:00:00
  • 貨物列車
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -
  • web拍手 by FC2

夜行列車 021

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-03-28 Mon 12:00:00
  • 夜行列車


 喪われた光景を思い出しては、撮れなかったシーンを数えて悔しさに震える。
 それが自分の人生に何ら影響を及ぼさない、ただの遊びだったとしても・・・・だ。
 
 なにかを得ようと本気で求道すれば、そこから得られる経験は多岐にわたる。
 真剣に働き、真剣に遊ぶからこそ、人生は充実するのだと思う。
 どちらか一方を適当に、疎かにすれば、自ずとバランスは崩れ身を持ち崩す。
 
 だからこそ・・・・
 撮りたかったシーンに身を震わせるのだと思う。
 
 青森駅を舞台にしたDE10の活躍もまた喪われた。
 本来の入換機関車として『正しい使われ方』を最後まで残していたはずだ。
 何度も撮ったような気がするのだが、それでもやはり・・・・ね。
 
 青森到着の時間が遅くなり、差し込む光を受けて妖艶に輝くシーン。
 このシーンを最後に見られただけで満足だ。
 
 色々あって青森を離れられない状態だったので、海峡線や津軽線での撮影は出来なかった。
 だが、後悔は無い。強がりでなく、率直にそう思う。
 このシーンの方が何倍も大事だ。
 
 そんな気がするのだ。
 

Continue reading

停車場 031

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-03-24 Thu 12:00:00
  • 駅の情景


 遂にこの時代が来てしまった。
 青森駅から上野の言葉が消えた。
 もちろん、東京だって無い。

 北を目指す旅人達にも、帝都を目指す旅人達にも。
 その如何なる行程であっても青森は特別な駅だった筈だ。
 本州と北海道を隔てるしょっぱい河の渡し守も、その役目を終えた。

 ただ、失職する事になったとは言いたくない。
 違うよ。違うんだよと、声を大にして言いたい。

 役目を果たしたんだ。
 任務を果たしたんだ。
 大役を完遂したんだよ……と。
 
 だから『かわいそう』ではなく『お疲れさまと』と、労いの言葉を。
 長年走り続けてきたランナーに、そろそろゴールのテープを切らせてやろう……と。
 
 そんな気になった。
 

Continue reading

鉄路点描 047

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-03-22 Tue 12:00:00
  • 鉄路点描


 一つの時代が終わった。
 青森駅から旅立っていた夜行列車が死に絶えた。
 いや、目的を果たしたのだ・・・・と、そう思いたい。
 
 機関車が客車を牽いて、夜の闇を駆けていく。
 そんな夜行列車は、鉄道史の1ページになってしまった。
 ディーゼルエンジンの音を響かせて出発を待つシーン。
 それももう聞く事は出来ない。
 
 うるせぇなぁ……
 
 そんな事を思いながら。
 ホームに漂う排煙の臭いに顔をしかめながら。
 立ち食いそばのスタンドでそばを手繰ったのも、想いでの1ページになった。
 
 なんというか・・・・
 
 言葉にならない。
 言葉が出てこない。
 言葉にしたくない。
 
 言葉にした瞬間、それは陳腐なモノに成り下がる気がするから。
 自らの想いにフォルムを与えた瞬間、それはただのヲタ臭い願望になるから。
 
 そうじゃないんだよ。
 鉄道は手段であって目的じゃないんだよ。
 いい大人なら、それ位分かって当然なんだよ・・・・と。
 
 そう、自らに言い聞かせて。
 

Continue reading

宗谷定排 006



 3月も終わりですのでラッセルシーズンも終了です。
 次のシーズンまでこのカテゴリーも終了となります。
 あらかじめご了承ください。
 
 で、最後はここ糠南の俯瞰です。
 後追いになる関係であまり人気が無いようですが、俯瞰フェチにはたまらない場所でして(笑)
 この日はすっかり雪も引けてしまい、フランジャすらも降ろさない回送状態だと分かっていたので、あえて突入。
 
 なんだか後追いでベリッと一枚ですが、うん、これはこれで良さそうな感じだ(笑)
 
 北海道のローカル線らしい情景の場所ですが、ここは冬場以外ですと熊が出るそうです。
 最近は冬場でも冬眠しない熊が出るそうで、その意味ではなかなか博打っぽい感じですがね。
 登るだけ登ったら、とにかく凄い情景でした。
 
 絶景かな!絶景かな!
 そんな言葉が口を突いて出てきます(笑)

Continue reading

貨物列車 016

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-03-16 Wed 12:00:00
  • 貨物列車


 青函新時代は、一足早く貨物列車が実現したようです。
 この僅かな区間で構えた時、やって来る列車は全部この海底太郎でした。
 すでに金太郎は津軽海峡を越えなくなったんでしょうか?
 僅かな時間しかいなかったので確認することは叶いませんでしたが・・・・
 自分の見た範囲では金太郎の姿はありませんでした。
 
 本州と北海道を結ぶ列車は遂に新幹線の時代になろうとしています。
 そのそも新幹線を前提に建設された青函トンネルですからね。
 これで当初想定した形態となるのでしょう。
 
 この海底太郎がどうなるのかは分かりませんが、末永く活躍できると良いな・・・・と。
 そう思います。
 
H26__943.jpg

夜行列車 020

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-03-14 Mon 12:00:00
  • 夜行列車


 雪原に凸凸の影を落としてカシオペアが駆けていく。
 ずーっと昔から思い描いていた一枚を最後の最後で撮れた気がする。
 遠く20年以上前、八高線で構えていた時に偶然見たシーン。
 夕日を浴びて小宮を出発していく八王子行きのDD重連が、同じように凸凸の影を落としていた。
 
 いつか同じシーンを撮りたい。
 それはこの20年の間、ずっと思っていたことだった。
 被写体との角度や、光線と被写体の角度が重要だ。
 それを何度も狙って撮ろうと構えた。
 ただ、どうしても撮れなかった。
 撮る都度に『コレじゃ無い』と駄目出しした。
 
 ちがう!
 ちがうんだよ!

 そんな声が心の多くで沸き起こっていた。
 あの時に見た、あの凸凸の影をもう一度……
 そんな願いがやっと叶った。
 
 理想的な角度だ。
 ちょっと影がでこぼこだけど、それは仕方が無い。
 出来れば真上から空撮したかったが、まぁ、無理だろうな。
 
 コレで、足るを知ろう。

 そう思えば、何とも晴れやかな気分になった。
 最後のカシオペアを見送りたかったが、それも出来そうに無い。
 
 だけどね。
 もう良い。
 もう十分だ。
 
 ふと、そんな気になった訳です。
 最後の最後の本当に最後のツアーで思い残すことの無い一枚が撮れた気がする。
 そんな一枚になりました。

Continue reading

路面電車 011

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-03-12 Sat 12:00:00
  • 札幌市電


 札幌市電シリーズをもう一枚。
 三越とパルコの交差点を曲がっていく外回りです。
 この辺りはオシャレさんの街ですね。
 ちょっとこぎれいな格好をしていないと恥ずかしい場所です。
 LEON系ちょい悪オヤジで攻めましょうか(笑)
 
 もうちょっと広角で撮りたかったんですが、手持ちは高倍率ズーム一本だったんでコレが精一杯。
 やはり縦位置での横流しは楽しいなぁと再確認出来ますね(笑)
 
 なんだかんだ言って大都市ですから、光は豊富にあります。
 縦横斜めに流しまくって楽しいひとときですな。
 雨の夜や雪の夜も撮影したい。
 そんな魅力に溢れる札幌市電。
 
 路面電車好きもそうで無い人も、是非レンズを向けてみてください。
 本線をかっ飛ばす列車とは違う楽しさがありますよ!

H26__936.jpg

停車場 030

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-03-10 Thu 12:00:00
  • 駅の情景
H26__933.jpg

 青森駅を出て行く最後の485系特急。
 その長い長い旅路も、ついに終着駅へ滑り込もうとしている。
 L特急として走り始め幾星霜。
 電化作業と架線の進捗にあわせ、その網を広げてきた。
 
 ふと思えば、この電車もある意味で新幹線にその任を追われてきたのかも知れない。
 東北新幹線開業前夜の東北方面特急がどれ程華やかだったかは、どんな言葉でも表現出来ないと思う。
 北陸の特急街道ですら、新幹線と新型に置き換えられてきた。
 九州を縦横無尽に駆け巡った特急網も、新型系列と新幹線で昔語りとなっている。
 
 アラフォーより上の世代にしてみれば、まだ何処かで普通に走っている感覚だ。
 それこそ『あんなの』呼ばわりレベルで、何処にでもいる存在だった筈なのだが・・・・
 

Continue reading

鉄路点描 046

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-03-08 Tue 12:00:00
  • 鉄路点描


 深夜の函館駅。
 青森を目指すはまなすがもうすぐやって来る。
 駅の自動券売機はこの表示で固定されていた。
 
 かつての大規模ターミナルと言えば、終日終夜で待合室が開放されているのが普通だった。
 ただ、今はこうやって夜行列車の発着時刻にのみ乗車券が販売され、その時のみの出入りだ。
 
 入場券を買ってホームへ入れて貰い撮影したのですが・・・・
 何とはなしに感じる面倒臭さ感が、ちょっと居たたまれなかったです。

 色んな意味で限界なのかも知れない。

 ふと、そんな事を思ったのですが、もうソレも心配要りません。
 こうやって深夜に客扱いするのも、あと10回と少々。
 歴史の1ページになりますねぇ・・・・
 

Continue reading

宗谷定排 005



 所用で稚内まで出掛けたのですが・・・・
 色々と気掛かりが多く、真夜中に目が覚めてしまいました。
 寝床の上で悶々としていたのですが、時間を無駄遣いしていると思ってしまい(汗)
 それなら一層のこと・・・・と、真夜中のR40を走りました。
 今シーズン唯一の宗谷定排撮影です(笑)

 先ずは勇知の跨線橋から。
 ここも立派なフェンスが付いてしまい、かなり撮りにくくなりましたね。
 1シーズンだけ運行形態が逆方向だった年には、ここが最高の場所だったもですが(笑)
 
 南区間には新型の排モが入ってテスト中と聞きます。
 来シーズンはどうなりますかねぇ?(汗)

Continue reading

貨物列車 016

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-03-02 Wed 12:00:00
  • 貨物列車
H26__924.jpg

 些か旧聞ですが・・・・
 JR貨物の労働組合新聞でDF200の話題が出たそうです。
 次のダイヤ改正後、五稜郭のDFは42両を確保するとのこと。
 転属の話題が飛び交っていますが、やはりそれは間違いないんだなと、そんな印象です。
 
 現状では48両が所属するDF。
 先の石勝線事故で56が廃車になり、901は事実上文鎮化しているといいますが(汗)
 石北系統等の季節波動まで含めて42両で足りるのか?と、そんな気がします。
 モジュール化してあるHD300の本線仕様が登場間近と言いますけど・・・・
 それが登場したら状況変わるのでしょうか?
 興味は尽きませんね(汗)
 
 この5号機だってもうかなりのヴェテランです。
 赤スカートの0番台などは20年選手が混じっています。
 そろそろ更新工事が・・・・とも思うのですがね。
 
 どうなんだろうなぁ・・・・

Index of all entries

Home > 2016年03月

カウンター
タグクラウド
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。