Home > 2016年02月

2016年02月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -
  • web拍手 by FC2

夜行列車 019

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-02-29 Mon 12:00:00
  • 夜行列車



 深夜1時の国縫駅。
 青森を目指す202列車「はまなす」が駆け抜けていく。
 通過10分前くらいから雪が降り始め、通過の頃には吹雪になった。
 ディテールが全部溶けて消える状態だった。
 
 ただ、それでも列車がなんだか分かるのは、マニアの贔屓目でしょうか。
 機関車が客車を引っ張ると言うプリミティブな姿に熱くなります。
 カシオペアと違い、単機で深夜の道を行くDD51は心細くないだろうか。
 ふと、そんな事を思ったり・・・・
 
 最終運転は3月20日とか聞いています。
 泣いても笑っても、ソレで終わり。
 夜行急行の歴史が閉じようとしている。
 
 その現場に立ち会えるのは、幸せなのか、それとも・・・・
 
H26__921.jpg

路面電車 010

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-02-27 Sat 12:00:00
  • 札幌市電
H26__918.jpg

 北海道はすすきののシンボル。
 ニッカウヰスキーの『ひげのおじさん』が見下ろす交差点。
 そこを走り抜ける路面電車は、新たに軌道を敷設した・・・・
 いや、復活した区間からやって来た外回りだ。
 
 所用で出かけた札幌ですが、念願かなって札幌市電を遂に撮影できました。
 前々から一度撮りたいと思っていた最北の路面電車です。
 ちょっとだけジーンとしてました(笑)
 
 北都札幌は人口200万を越える大都市です。
 その中心部は、新宿や渋谷もかくやと言うオシャレな街です。
 冬の寒さがまだまだ続きますが、寒さに負けず着飾った女性陣は、良い目の保養ですなぁと(笑)
 ダンディーに決める男性陣もまた、なんと言いますか、『決まってますねぇ』と言いたいくらいです。

 PARCOの前に滑り込む内回りには、行列を作った街の人々が吸い込まれていきました。
 この街に根を下ろしてる人々の足。そんなシーンが実に楽しかったです。

 ちなみに、行列の後ろから万歳アングルでパパラッチしてる某氏は、米ジュースをしっかりシバイた後だったので(笑)
 随分と大胆なアングルを撮っていました。ヤルなぁ・・・(笑)

H26__919.jpg

停車場 029

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-02-25 Thu 19:00:00
  • 駅の情景
H26__912.jpg

 遠くカムイチャシを望む大岸俯瞰ですが、疲れた足に鞭打って斜面を歩き続けたら、角度違いを見つけました。
 ぶっちゃけ、こっちの方が良くね?となった訳ですが、ここはスノーシュー無しだと相当キツイです。

 実は私と連れのふたりも相当難儀しまして、途中で何度か挫けそうになりました(笑)
 で、もっと登れる筈なんですが、スノーシュー無しだとコレが限界です。
 もっと角度付けたいなぁと思っていたんですがねぇ(汗)
 
 後から後悔するのはいつものことですが、コレは相当悶々としそうです。
 うーん・・・・

 大岸の駅を出て行くたった一両の普通列車。
 先に発表となった新ダイヤではどうやら削られる列車のようです。
 
 ・・・・見る限り、乗り降りのシーンは無かった。
 まぁ、仕方が無いのなかぁ・・・・

H26__913.jpg

鉄路点描 045

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-02-23 Tue 12:00:00
  • 鉄路点描
H26__914.jpg

 斜面に広がる豊浦の街。
 かなりの密度に見えますが、実際はスカスカです。
 
 次のダイヤ改正で大幅な減便が発表されたJR北海道の普通列車たち。
 実際の話として、空気輸送ばかりな普通列車が減ってしまうのは仕方が無いでしょうね。
 誰も乗らないのは需要が無いからですし、移動需要のある人は自家用車でしょうし(汗)
 
 難しい問題ですよねぇ・・・・
 言いたい事は色々あるんですが、結局は人の数の問題なんですねぇ・・・・

山線定排



 最近人気の山線定排ですが、ほぼ全行程が夜間完結と言う事で随分と手強い列車です。
 宗谷や石北がメジャーになりすぎ、人気ポイントでは黒山の人集りと言う事で敬遠する向きも多いようですね。

 伝聞ですが、深夜の音威子府や幌延などで何かとトラブルが発生しているとかどうとか。
 定番ポイントでは車の駐車スペースや撮影位置で小競り合いをしてみたり、或いは所轄駐在の指導が入ったりと・・・・
 その手のあれやこれやを嫌う人が宗谷に見切りを付けていると聞きます。
 
 ・・・・実際、自分も今シーズンは一回も撮りに行ってないし(汗)
 
 そんな訳で、最近密かな脚光を浴びているらしい函館山線系統のDE15ですが(笑)
 機会あってやっと撮影することが出来ました。
 なんと言いますか、うーん、手探りの楽しさを久々に堪能しましたね。
 
 何処で撮れるんだろう?
 
 なんの情報も無いし、それにそもそも函館山線区間なんか行ったことが一度も無かったし。
 平成も二桁に入った頃以降でDD51の定期列車がある(=あった)路線は、道内のほぼ全てに訪問済みなんですが(笑)
 これと言って興味を引く列車の無かった線区って足を踏み入れてなかったんですよ。
 
 それこそ、伝説のC62重連を求めて闊歩した大ヴェテランな先輩諸兄らなど、古き佳き時代の古戦場な方ならね。
 目隠ししても歩けるくらいなのでしょうけど、私はそんなの無い訳でして、もう本当に、適当に沿線を走って(笑)
 カーナビ見ながら排雪列車の撮影原則を再確認してのポイント選び。
 
 ・・・・だいぶ露出が拙かったですが、先ずは第一歩と言う事で、こんな感じに。
 
 なんか今シーズンで終わりなのは確定とか聞きますけど、どうなんでしょうねぇ
 うーん……
 
H26__910.jpg

貨物列車 014

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-02-17 Wed 12:00:00
  • 貨物列車


 あそこ、登れるんじゃね?
 
 俯瞰マニアの頭というのは、伐採地=登り口が必ずあると関連づけて考える物ですが(笑)
 何も好きこのんで雪の積もった伐採地にスノーシュー無しで突入しなくとも・・・・と、後で後悔するはめに。
 クマザサの生い茂った所へ中途半端に雪が積もると、それは完全にトラップと化します。
 表面は堅くて中はスカスカ。足を乗せても体重を支えてくれず、ズボッと踏み抜いて焦ります。

 おまけに、伐採地ともなると、雪の下に中途半端な切り株が残っていたり、端材のささくれが残っている状態だったり。
 さらにはこの辺りも北海道の原野と言う事で、トゲトゲ麗しいタラの木やら、悪意しか感じない配置で生えている野バラやら(笑)
 なんかもう『ぼかぁ~もうボロボロです』と泣き言を言いつつ突入を繰り返しまして(汗)
 
 何とか辿り着いた頂上では、それなりに良い情景だったわけですが・・・・
 (ちなみにこの伐採地。行き止まりの作業路が余りに多く、その配置に悪意が溢れてまして・・・・)

 『こっちじゃなくねぇ?』
 『たぶんアッチやな』

 と疲れ切った足を引きずって更に移動したりして(笑)
 しかもこの日は津軽海峡線で輸送障害があって下り貨物はいつ来るか分からない状態。
 半べそ状態で後追いの上り貨物を撮って撤収と相成りました。
 
 礼文華の聳える奇岩とカムイチャシがよく見えます。
 ここでカシオペア撮りたかったなぁ・・・・
 
H26__909.jpg

夜行列車 018

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-02-15 Mon 12:00:00
  • 夜行列車


 例によってマイル消化で出掛けた北海道ですが、今回はある意味で一番撮りたかったシーンをゲット出来ました。
 猛吹雪の中、突進してくるDD51を撮りたい。そんな願望をずっと持っていたんです。
 
 もうとにかく酷い吹雪でした。本気で焦るくらい(笑)
 物好きだよなぁとは思うのですが、撮りたいんだから仕方が無い。
 まぁ、おかげで身体はボロボロになりましたが・・・・・(汗)

H26__903.jpg

 厳冬期の北海道らしい画を一枚。
 そんなイメージです。
 
 雪を蹴って走るシーンは無理でしょうから、雪煙を上げて来るシーンかなぁと思っていたのですがね。
 幸か不幸か、すんごい猛吹雪でした。それこそ、列車来るかな?と不安になるくらい(汗)
 
 ですが・・・・
 
 この最果ての大地を駆けてきたDD51にしてみれば『かるいかるい』と、そんな調子でしょうか。
 ほぼ定刻でやって来たカシオペアは、猛烈な国鉄サウンドを残して駆け抜けていきました。
 ほれぼれしますよね。

 ちょっとだけ『ジーン』っとしました(汗)

H26__904.jpg

 で、実は続きがあります(笑)

Continue reading

停車場 028

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-02-11 Thu 12:00:00
  • 駅の情景


 長万部駅、午後3時過ぎ。
 貨物列車を待ち構えて1時間ほど定点観察してみました。
 色々あって動くのがしんどい状況だったので、ジッとしてる事を選んだのですが・・・・
 結果的には正解だったようです(笑)
 

Continue reading

鉄路点描 044

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-02-09 Tue 12:00:00
  • 鉄路点描


 お昼まであと僅かな北舟岡。
 利用客の姿は無い。
 
 車内には数えるほど・・・・ いや正直に言えば片手で足りる数の客しか居なかった。
 これで鉄道が本当に必要なんだろうか?
 正確に言うなら、普通列車が必要なんだろうか?と、そんな思いをあたらにする。
 
 感情論で鉄道を残せと叫ぶのは容易い。
 だが、現実問題として、これで鉄道を言う手段が必要なのだろうか?と。
 そんな事をも考えてしまう。
 
 誰だってそりゃ、便利な方が良いに決まっている。
 現状の鉄道が便利か?と言うと、甚だ疑問符だ。
 
 今あるモノをしっかりと記録する。
 結局はコレなんだなと、またそんな結論に至ったわけですが、さて・・・・

宗谷常排 005

H26__880.jpg

 筬島俯瞰を降りた後は、一目散に次の場所を目指します。
 音威子府で約1時間ほど停車しますので、その間に移動する算段ですね(笑)

 ただ、音威子府から南の区間は正直雪をあまり期待出来ません。
 ですから、勢い定番を大事にする事になるのですが・・・・

 やって来たのはつとに有名なここ。
 いわゆるぶっかけポイントです。
 冬季閉鎖の踏み切り辺りですが、ここは過去幾度も傑作が生まれた場所でした。
 ですから、まぁ、期待していくわけですが(笑)
 
H26__881.jpg

Continue reading

専用線 007



 所で彼らはどうなった?
 二塚から延びる製紙会社の工場敷地内だ。
 再就職も難しいでしょうけど・・・・
 
 特にあの小さい10トン機は難しいでしょうねぇ
 今どきですと、本当に使い道が思い浮かびません。

 スイッチャーを必要とする専用線もドンドン減っている昨今ですがねぇ
 結局解体かなぁと・・・・
 
 まだ走れそうなんですが(汗)

貨物列車 013

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-02-03 Wed 12:00:00
  • 貨物列車


 美々駅を通過していく赤熊君。
 そもそもクマは夜行性らしいですが、本当ですかね?(笑)
 
 なにやら他所へ転属の話が飛び交っています。
 つい先日も白昼堂々、都内へ出没したそうですが(汗)
 リニア建設だのタンカー用だのと噂は聞きますけど・・・・
 実際の所どうなんでしょうかね?
 
 プレスリリースを出すようなことは無いと思う企業ですからね。
 そのうち雑誌などで『こうだった』で終わるんだろうなぁと。
 
 とりあえずまぁ、撮れる内に撮らないとね(笑)
 
H26__878.jpg


夜行列車 017

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2016-02-01 Mon 12:00:00
  • 夜行列車
H26__871.jpg

 特別なトワイライトの山陰コース。
 今年最初の撮影は、その運行を見てきました。

 残りのマイルゼロです(笑)
 だけど後悔はしていない!

H26__872.jpg

 どうしてもここで撮りたい!
 そんな一念で強引に行ってしまいました。
 色々あってお財布ヤバイです。
 ちょっと飲みすぎたとも言いますが(笑)
 
H26__873.jpg

 往復で撮れる山の上ですからね。
 強引に突入してってレベルでも無いですし、鼻歌混じりに行って来ました(大嘘)
 ちょっと酸欠になったけど(5分くらい)私は平気です(冷汗)
 
 海が光るし水蒸気酷いし透明度最悪だしPM2.5凄いし。
 早く中国滅びねぇかなぁとか物騒なトークをガンガンしつつ(汗)

H26__874.jpg

 素晴らしい眺望を眼下に捕らえ、笑いが止まらない状態でした。
 地上戦は凄い混雑ですが、山の上はとてーも平和でしたしね(笑)

 鉄車と三脚の森状態でしたから、ありゃ間違いなく酸欠になるわー ないわー
 そんな感じです。

 人と違うところで撮りたいってへそ曲がりも、今回はストライクでした(笑)

H26__875.jpg

Continue reading

Index of all entries

Home > 2016年02月

カウンター
タグクラウド
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。