Home > 2015年03月

2015年03月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -
  • web拍手 by FC2

鉄路点描 014

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2015-03-26 Thu 23:19:11
  • 鉄路点描

 旅の途中で見つけた一コマ。このすぐ近くにはH3.3.22の文字があった。卒業式の後だろうか、終業式だろうか。青春の一コマである事に疑いは無さそうだが・・・・。愛の言葉を囁いたふたりに末永い幸があったのだろうか・・・・と、変な事が気になる。
 長く走り続けてきた車輌には沢山の人々の思いが宿っているのだろう。こんな文字を探すのも、最近では旅の楽しみになってきた気がする。

鉄路点描 013

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2015-03-14 Sat 12:51:03
  • 鉄路点描

 今にして思えば、この列車は自分の趣味活動期間中に始まり、そして終った存在だ。その意味では北斗星やカシオペアも同じと言えるのだが、なんとなくこの列車は自分の中で『今ひとつ扱いが軽い』存在だった。線路際に立てる機会が有ったにもかかわらず『また今度で良いや・・・・』を繰り返していたように思う。
 この深緑の車体に引かれた黄色の帯が『これはブルートレインに非ず』と、そんな無意識の拒絶反応を引き起こしていたのではないかと、今さらになって愚考している。もはや全ては手遅れで有るのだが。
 今さらになって撮りたいアングルがどうのこうのと言い出す不毛さは身に染みてよく解っているつもりだ。だからもはや、まるで死んだ子の歳を数えるような事はするまい・・・・と、そんな風に自分に言い聞かせた。ただ、それで妙に納得出来るようになってきたのは、年齢を重ねたせいだろうかと、これまた馬鹿な事を考えてみるのだが、どうなんだろうなぁ・・・・・
 

鉄路点描 012

  • Posted by: ふうらいぼ
  • 2015-03-10 Tue 23:45:46
  • 鉄路点描

 役目を終える車輌の存在は仕方が無い。新進気鋭の後輩に道を譲り、老兵は消えゆく。
 ただ、老兵は死ぬわけでは無い。皆の記憶の中に勇姿を残し、時代というカーブの向こう側へ消えていくだけだ。
 走り続けてきた『彼』に心からの敬意と感謝と、そして、労いを・・・・

Index of all entries

Home > 2015年03月

カウンター
タグクラウド
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。